デジモンアドベンチャー第10話

第10話『守護者ケンタルモン!」

脚本:吉村元希 演出:早川啓二 作画監督:伊藤智子

光子郎とミミをフィーチャー、しかし途中でパートナーでないミミとテントモン、光子郎とパルモンに分かれるという変則的な回。タイトルコールは光子郎。浦沢脚本に続いて美少女ミミが汚物系デジモンに好かれたり不遇な回でもある。同人界においてカップリングに異議はご法度だけども、光ミミって性格的にあり得ないだろ・・・と個人的に感じていたが、まさかtri.で公式になるとは(嘆息)。光子郎には最低限でも知的な女性が合うし少なくとも容姿で恋どうこうとはならないように思うので、tri.の扱いに私は悪意すら感じる。ミミにはワガママも許す懐の大きな大人な男性が合うと思うのだが。さて脚本の吉村元希(げんき)さんは女優にして、アニメ脚本も多数手がけておられる方。演出の早川さんは、アニメの監督や演出を手掛けたベテランの方。2008年4月、57歳で逝去。

●ミミ:バナナのようでバナナでなかったり、スカモンたちに絡まれたり、光子郎にかまってもらえなかったり、迷路で迷ったり、ケンタルモンに襲われたりと災難続き。代わって最後に黒い歯車を蹴り飛ばし図らずも逆回転させるという功労者に。流行り言葉「アウトオブ眼中」は死語ですね;;泣いたり、「おうちに帰りたい」「お腹すいた」「百億万年」と言ったり、スカモンたちに嫌なものはいやと断ったり、進化できないテントモンをケチ呼ばわり、感情に素直なミミと、感情がお留守になって解析に熱中する光子郎は対照的。

●パルモン:ポイズンアイビーで離れている島から島へと渡れたのはすごい。ミミが泣くと一緒に泣き出す、似た者同士のパートナー。

●光子郎:下着はオレンジのトランクスと判明。知識の紋章が古代文字と電源のあるここに落ちたのは一つの宿命か、謎の遺跡に着きファクトリアルタウンにあった文字と同じものを見つけ解析に夢中になる。一度好奇心に駆られると対人関係に関心が無くなってしまうのが悪い癖。でも結局、知識のおかげでミミをナビゲートし救出に成功する。黒い歯車へのミミの蹴りに「ミミさんの言うとおり、実際にやってみないとわからないことって多いですね」と感心、ここら辺が光ミミ派の萌えどころなのかなあ。ある種のツンデレというか。

●テントモン:光子郎以外(ミミ)もはん付けで呼ぶと判明。皆を探そうと説得するがこうなってしまった光子郎にはパートナーの声も届かない。しかしさすがパートナー、光子郎の特性をよく理解し、ミミに対して光子郎の性格を懸命にフォローする。狭いのに大きなガタイに進化して「えろうすんません」には笑える。

●スカモン:声は、私で言うと「CCさくら」の李小狼が一番ピンとくる、くまいもとこさん。アプモンではドカモンも演じておられる。知性のなさをチューモンで補っているしょうもないウ○コ型デジモン成熟期。黄金と言われても、茶色じゃなきゃいいってもんじゃないよ~。汚いという点においては、ヌメモンと同じく恐ろしい。ミミのデジヴァイスに触れてさわやかないいデジモンになり、テントモンと光子郎のことを教えてくれる。ミミたちをナンパしにべもなく断られる、最後まで可笑しくてイケてないデジモン。くまいさんの演技で可笑しさが増している。

●チューモン:声は、山口勝平さん。犬夜叉や名探偵コナン、「ワンピース」のウソップなど押しも押されぬ人気声優さんなのに、汚いキャラな上にセリフも少なく、もったいない気がするのは私だけか。

●ケンタルモン:声は相沢正輝(現・相沢まさき)さん。名前の由来は半人半獣の幻獣・ケンタウロスからくるが、武器は弓矢でなく腕と一体化したキャノン砲でハンティングキャノンを撃つ成熟期。もとは誇り高いダイノ古代境の守護者で、レオモンとは旧知の仲らしい。子どもたちの手元にある機械を「この世界に光を導き闇を追い払う伝説の」「聖なるデバイス、デジヴァイス」だと伝える。T字型の穴から見える一つ目は、正気に戻っても赤色だ。

●レオモン:ケンタルモンを圧倒するが、二人のデジヴァイスの光を浴び退散する。太一のデジヴァイスの時のように正気に戻れなかったのは、デビモンの支配が以前より強化されたためか。

          戻る