デジモンアドベンチャー02第7&8巻

《第7巻》
●動く!デジモン大図鑑③ -第21話~第28話―
<レギュラーデジモン>
ジョグレス進化が追加されています。
<ゲストデジモン>
トータモン、サンダーボールモン、ユキミボタモン、ゴーレモン、ミノタルモン、オオクワモン、クネモン

●ノンスーパーオープニング&エンディング(前期Ver.)

《第8巻》
●声優対談インタビュー(浦和めぐみさん&朴璐美さん&高橋直純さん)以下敬称略
Q:担当するキャラクターの印象は?
A:(浦和)小さい男の子役が多くて、最初オーディションで伊織を見たときはクレバーな感じの子は自分としては珍しく、やりたいと思った。アルマジモンは名古屋弁と書いてあり、名古屋弁の芝居をやったことがあるのでオーディションを受けた。でも伊織のパートナーだと最初知らなかった。
Q:一人二役ということでの苦労は?
A:役をつかむまでは、混乱した。おもしろがってもいた。(高橋)両方やってて、うわ~って。(浦和)台本に赤ペンチェックしていたが、混乱するので色を変えた。伊織とアルマジモンはいいが、進化して声が変わるので間違えてしまうことがあった。
Q:名古屋弁での演技について
A:(朴)名古屋弁の発音とか、苦労してる事は?(浦和)身近に名古屋弁の人がいて、チェックしてもらう。もともと方言が好きで、名古屋弁で書いてある本をたくさん読んだ。あまりにもネイティブで監督に止められたことがある(笑)名古屋の人たちに苦情を言われないようにやった。
Q:伊織とアルマジモンの性格の違いは?
A:一人二役のせいかもしれないけど、違うと思ったことない。人間には二面性があるから、2人で一つ。(朴)息ぴったり。
Q:伊織は誰を一番慕っている?
A:(浦和)タケル君が一番。伊織は賢ちゃん好きじゃない(朴)賢ちゃんは伊織好きなんだけど。(浦和)嫌いじゃないんだけど、認めたくない。タケルは表と違う行動をするから気になる。(朴)(殴られて)むかむか~ってきたのよあれは。(浦和)タケルは伊織にないものを持ってるから、憧れめいた気持ち。(高橋)帽子返した時ビビってたもんね。(浦和)あの時から一目置いてる。(高橋)おじいちゃん大好きだよね。

Q:もっとも印象に残っているシーンは?
A:(浦和)アルマジモンがもう一つのアーマー進化する時想像したデジモン(第16話)。(高橋)クリスマスソングでも、欲しいものはスリムな体って。(浦和)もう一つは、タケルに帽子を返すシーン。
Q:『デジモン02』の魅力は?
A:劇場版(ウォレスの出てくるやつ)のスタンド・バイ・ミーを、演じるときいつも心に刻んでいる。少年たちが大人になっていく、大人から見ると忘れてしまった自分。(朴)第1話で大輔が「デジメンタルアーップ」て言うだけで感動、泣ける(浦和)音楽もすごくいいですよね。
Q:みんなへのメッセージ
A:ご購入ありがとうございます(笑)。私もそろえて老後の楽しみに。結末がまだわからないので、ドキドキしながら演じているので、皆さんもドキドキしながら見て下さい。

●デジモンデュエット!!
火田伊織&アルマジモン「未来へのメッセージ」

          もどる