デジモンアドベンチャー第11話

第11話「踊る亡霊!バケモン」

脚本:浦沢義雄 演出:芝田浩樹 作画監督:八島善孝 演出助手:地岡公俊 プロデューサー補:櫻田博之

丈、おかしい!両手首に黄色のリストバンドと、左手首に緑色の腕時計なのに(ちなみにコスプレのため両方持ってます私)、最初から最後まで左手首が緑色だけだ。原画も八島さん一人なので、そのせいか。また他にも、資料によっては同様の設定違いが見受けられるのが個人的にすごく気になる。そうなると、丈先輩自身が左手首のリストバンドをはずす時があるということになる。どうでもいいことでスミマセン;
浦沢脚本に丈先輩とくればドタバタで笑うこと間違いなし、ゴマ丈ファンにはおいしい回。タイトルコールは丈。

●丈:血が苦手だけでなく船酔いの体質でカナヅチでもあり、何とも頼りない。流れている曲は、丈のテーマ「Blue Faith(青い誠実)」、のんびりしてコミカルな曲だ。放り出されてキャンプ云々偏差値云々と現実逃避でテンパっている丈と、呑気なゴマモンとのベッド上でのやりとりはデコボココンビで実に可笑しい。菊池さんと竹内さんの演技も素晴らしい。このお二人あってこそのゴマ丈v
溺れる声や濡れた髪とメガネなしの寝顔が丈先輩ファンにはサービスショット、垂涎(←変態?)。
第7話では呼び捨てだったが空を君付けで呼んだ。この方が丈らしく私はしっくりくる。
リーダーに指名され決意した途端、鐘が鳴るのが面白い演出。頼りなくも必死なリーダーの誕生。
最初は、教会に人間がいると今もって主張するように現実否認していた。生贄にされて、目玉焼きには塩コショウ派の丈が塩コショウを振られるのはいかにも皮肉。リーダー役をかなぐり捨てて「僕の魂は不味い」と自己保身発言もありリーダーどころか人としてあんまり。しかし「幽霊にはありがたいお経のご利益しかない」と開き直ったか自信のなさから一転、田舎(どこだろう)のおばあちゃんに教わったテストに効くお経を唱え始める。真面目な責任感とは程遠いこの一種開き直りが丈の思わぬ強いところ!!自覚は無いようだが。お経の文句は以下を逆読みしたもの「♪テストができるよくできる。あら不思議よくできる。100点満点大喜び」。この奇策が大当たり、大逆転劇、やればできる!ムゲンマウンテンに行く決意の表情はとても勇ましくしっかりしており、成長が見て取れてカッコイイ。

●ゴマモン:水系なのにパートナーがカナヅチはお約束、島でなく海に放り出されたのもお約束。お気楽にも頼みの綱の非常食を一人で平らげてしまう。丈を盛り上げようと珍妙だが真剣な丈リーダー作戦を提案するのは、呑気ながらさすがパートナーなりに誰よりも丈を考えてのこと。「鼻水で鼻ちょうちん作って眠るデジモンくらい騙されやすいデジモンはいない」って迷言、浦沢さんならではか、いかにも漫画チック。

●空:手堅く釣りで食料確保しようとしてゴマ丈を釣り上げた、助かってラッキー。丈の立場を擁護するかのような「先輩」付けで呼ぶ空らしく、丈リーダー作戦に積極的に協力。「リーダーは丈よ」と珍しくここだけ呼び捨てにしている。空の帽子って、布かフェルトか編み物だと思ってたけど、木魚になるほど硬いんだ;と思ったら、角銅氏による注釈「本当は柔らかいけど丈が思い込んだからで、お経がバケモンに効く、というのも含めてデジタルワールドでは意志が具現化するという伏線」だそうだ。

●バケモン牧師:声はキートン山田さん。ずいぶんと贅沢なキャスティング。ファイル島のアグモンたちは人間という存在を知らなかったので、オーバーデル(オバケが出る、笑)墓地の牧師や信者が人間の姿を借りていたのは、当初から歯車のせいで選ばれし子どもたちを罠にはめる気だったということ。

●バケモンA、B、C:声は宮田始典(はるのり、現・幸季こうき)さん(ピコデビモンで再演)、石塚堅(いしづかかたし)さん、園部啓一さん(コカトリモンで再演)。成熟期のバケモン様は大型化したせいか意外と強く、イッカクモン・バードラモンが苦戦。丈の意志の詰まったお経が効いて弱ってしまう。

●オーガモン:小魚に始めは当惑していたが、すぐに応戦してしまう。カナヅチなのに海に刺客として送り込まれたのは失策だが、結果的にゴマ丈は力尽きてしまう。泳げないのにどうやってムゲンマウンテンに帰ったのかな。

●デビモン:太一とヤマト、光子郎とミミはすでに合流したが、冒頭にて焦りどころか余裕の笑みで子どもたちを呪う恐ろしい奴。

          戻る