デジモンアドベンチャー第13話


第13話「エンジェモン覚醒!」

脚本:西園悟 演出:角銅博之 作画監督:海老沢幸男 演出助手:地岡公俊 プロデューサー補:櫻田博之

タイトルコールはパタモンでなくエンジェモン。分裂した島で、それぞれの危機を乗り越えた子どもたち。だが、決戦の時は迫っていた。デビモンの手は、はじまりの街にいるタケルとパタモンに伸びる。タケルを守り切れるかと悲壮な心境のパタモン。しかし太一・ヤマト・光子郎・ミミが到着し、巨大化したレオモンを浄化しタケルたちを守った。

大木の下、レオモンに「世界が暗黒の力に覆われた時、別の世界から選ばれし子どもたちがやって来て世界を救う」という噂を聞かされ、やっとデジタルワールドに呼ばれた訳を知り、元の世界へ戻るためデビモンを倒す決意をする子どもたち。太一は「やろうぜみんな。あいつを倒さなきゃ俺たちは生き延びる事ができないんだ」と鼓舞する。ファイル島の正義の体現者・レオモンも協力するという。さあ、ムゲンマウンテンへ。この時流れているのが、「必殺仕事人風に」というリクエストでできた、歌と音楽集に未収録の名曲だ。デビモンは、自らが戦うため歯車を集めていく。パタモンが進化したら何になるか知っている様子。

デビモンは暗黒の力で信じられないほど巨大化した。丈と空も到着するが、成熟期のデジモンが必死に束になっても歯が立たないほど強い。タケルさえ倒せば、とタケルとパタモンは、デビモンの巨大な手のひらで握りつぶされたか・・・そこに光り現われたのは、何とも神々しい天使のような姿のエンジェモンだった。あの可愛らしいパタモンからは想像つかないくらい、立派で美しい!

エンジェモンが、7つのデジヴァイスの聖なる光を集める。オーガモンが抜けてできた穴がデビモンの致命傷、ヘブンズナックルが撃ち込まれる。自分もろとも、でもそうするしかないのだ、決意は固い。「すまない、タケル」とわずかにふり返ったエンジェモンの顔が忘れられない。「きっとまた会える、君が望むなら」と微笑みながら言い残し、エンジェモンはデビモンとともに消えてしまった。デビモンは最後までエンジェモンを誹謗し子どもたちを嘲笑して消えた、見事な悪玉っぷり。残されたエンジェモンの白い羽根が、デジタマに生まれ変わった。あまりに衝撃的な初めての進化と別れ、そして再生。光による闇の浄化。大切にデジタマを抱くタケル。戦いを望まなかったタケルに、パタモンが出した一つの答え。はじまりの街での体験をもとにタケルができる事はただ一つ、再会の希望を持ち続けること。島が元に戻っていく。

結果的には負けたが、デビモンはファイル島を支配したら海の向こうへと野心を持っていたと思う。 やっと終わった。しかし、海の向こうにもっと強い闇の力があるという。丈「元の世界に戻れると思ったのに」ミミ「まだ戦わなきゃいけないの、もうイヤ」太一は皆を鼓舞する「やるしかないんだ」。そこにゲンナイという謎の人間?の映像が現れる。エンジェモンが消えてしまったのはやはりショックだが、希望はつながれ、さらなる新しい世界へと展望が開けてゆく。

●ヤマト:一番にタケルを助けに来るのはさすが。けど、それ以上に大きな見せ場は無し。
●光子郎:細かいことだが、はじまりの街に着いて第一声は「太一さーん」やはり一番頼りにしているようで、太光同人を喜ばせた。そして「聖なるデバイス」の力を伝えた。
●パルモン:アグモンといい、「元の世界に返してあげたかったけど」そうなんだ、一緒にまだまだ冒険することを望んでいたと思ったけど。
●オーガモン:自称自慢の髪を焼かれたことに怒る実はおしゃれさん。そういえば両耳にピアスを2つずつ開けているし、前腕に巻く左右の布と装具も、オシャレの一環なのかも。今回は割とギャグキャラ扱い(笑)。
●ゲンナイ:声は八奈見乗児さん、「八奈見節」で有名な方とのこと。2015年9月療養のため休業を発表したが、それ以降は亡くなったのか療養継続なのか調べたが不明でした。もう90歳ぐらいだし、顔出しを嫌っていた事もあり、発表があるかどうか不安…大手プロダクション在籍なので何かあれば発表はあると思いますが。

 


          戻る