デジモンアドベンチャー第13話


第13話「エンジェモン覚醒!」

脚本:西園悟 演出:角銅博之 作監:海老沢幸男

分裂した島で、それぞれの危機を乗り越えた子供たち。だが、決戦の時は迫っていた。

はじまりの街のタケルに、レオモンとオーガモンが襲ってくる。パタモンはタケルを守り切れるだろうかと悲壮な心境だが、ガルルモンとグレイモンが助けに来る。しかし、歯車をいくつも埋め込まれたダークレオモンは強い。そこに光子郎とミミが到着、デジヴァイスが闇を消すと告げる。太一とヤマトが、ダークレオモンにデジヴァイスをかざすと歯車が除かれた。

大木の下、レオモンに「世界が暗黒の力に覆われた時、別の世界から選ばれし子供たちがやって来て世界を救う」という噂を聞かされ、「暗黒の力を消滅させれば僕たちはこの世界にとって不必要になる、つまり元の世界に戻れるかもしれない」と光子郎は言う。デビモンを倒す決意をする子供たち(タケルは無言だが)。レオモンも協力するという。さあ、ムゲンマウンテンへ。この時流れているのが、「必殺仕事人風に」というリクエストでできた、歌と音楽集に未収録の名曲だ。デビモンは、自らが戦うため歯車を集めていく。その気配を、丈と空も感じている。

デビモンは暗黒の力で巨大化した。成熟期のデジモンが束になっても歯が立たない。最も小さき選ばれし子供さえ倒せば、と闇の力がタケルへと伸ばされる。必死で対抗するグレイモンたちだがかなわず、泣くタケルとパタモンは、デビモンの巨大な手のひらで握りつぶされたか・・・そこに光り現われたのは、天使のような姿のエンジェモンだった。エンジェモンに、7つのデジヴァイスの光が集まる。「暗黒の力は大きくなりすぎた、消し去らねば」自分もろとも、でもそうするしかないのだ。デビモンと一体化していたオーガモンが出てくるが、エンジェモンの力に脱走を図る。それでできた穴がデビモンの致命傷、ヘブンズナックルが撃ち込まれる。「また会える、君が望むなら」と言い残し、エンジェモンはデビモンとともに消えてしまった。初めての進化と別れ。残った白い羽根が、デジタマになった。大切にデジタマを抱くタケル。戦いを望まなかったタケルに、パタモンが出した一つの答え。タケルができる事はただ一つ、再会の希望を持ち続けること。島が元に戻っていく。

結果的には負けたが、デビモンは最初から自力で手下に任せずやれば勝てたかもしれない。また、ファイル島を支配したら海の向こうへと野心を持っていたと思う。

やっと終わった。しかし、海の向こうにもっと強い闇の力があるという。丈「元の世界に戻れると思ったのに」ミミ「まだ戦わなきゃいけないの、もうイヤ」太一「やるしかないんだ」。そこにゲンナイ(八奈見乗児さん)という謎の人間?の映像が現れる。

          戻る