デジモンアドベンチャー第14話

第14話「出航(たびだち)・新大陸へ!」

脚本:吉田玲子 演出:今沢哲男 作画監督:信実節子 プロデューサー補:櫻田博之

タイトルコールは太一。ゲンナイなる謎の人物に、サーバ大陸に渡りデビモンの封印したタグと大陸にばら撒かれた紋章を探してさらなる進化をするよう求められる。また別の闇の力と戦えと。子どもたちは不安に揺れ、このまま安全なファイル島に残るのか海を渡り帰還するために更なる冒険に出るのか意見が分かれたが、エンジェモンが旅を望んでいるというタケルの一言で一同合意する。まずは筏作り、名曲「Seven」が効果的に流れ、ファイル島の知り合ったデジモンたちが加勢に来てくれる。友情を育んだデジモンたちに見送られるとき、デジタマが孵化してポヨモンが生まれる。青い海と空の広さ美しさ、美術は飯島由樹子さん。ホエーモンを助けたおかげでサーバ大陸に送ってもらえることになり、タグもさっそく発見する。夕暮れにタグを胸にした子どもたちの心は明るく希望に満ちて、後は大陸で紋章を入手すればさらなる進化ができる!

●ゲンナイ:人間であって人間でなく、DWに始めからおり、サーバ大陸に居る味方だと言う謎だらけの存在。しかも誰が子供たちを呼んだのかもどうしたらRWに帰れるのかも知らないと言う。ここではホメオスタシスのホの字も出ない。

●太一:RWに戻るにはサーバ大陸に渡るしかないと主張する強硬派。ホエーモンの黒い歯車を、落ちたら胃液で溶かされるのに率先して取りに行く勇気。

●光子郎:ゲンナイから送信された地図には、中国大陸のような陸地にイタリアのような靴型の半島が飛び出ている。RWのデータが部分的にDWに反映されているためと思われる。それがサーバ大陸、ファイル島からはかなり離れているのがわかる。ホエーモンの食道にて大真面目に「レストランという意味の食堂ではありません」と解説、笑。

●丈:ゲンナイを疑いファイル島に残ることを推す慎重派。丈の船酔い持ちの描写はなぜか無く、ミミも光子郎も気分不快、相当揺れる模様。責任感からだろう、大雑把な太一に対し「水も食料も切りつめても半月」と気にしている。

●ミミ:小4で25メートルを泳げないことが判明。空と違い体育系は不得手なのか。

●パルモン:セルフイメージは大陸一美しい花と判明。自己肯定感がすごいが、サボテン(トゲモン)の姿もやはり自信があるのだろうか?

●タケル:争いごとを嫌うが、エンジェモンが身を挺して暗黒の力を消したから、まだあるという暗黒の力をどうにかしたいと思ったのだろうか。

●ポヨモン:旅立ちを祝うかのようなタイミングで孵化し、タケルを喜ばせるスライム型幼年期。子どもたちの希望の一つが今まさに形となった。タグを、一番小さくて弱いポヨモンが見つけたのが印象深い。

●加勢に来たデジモン:レオモン、ケンタルモン、モジャモン、エレキモン、もんざえモン(目が赤い)、ユキダルモン、メラモン、ピョコモン。大いに助かった。しかし帆船の帆はどうやって入手したのだろう?

●ホエーモン:声は木村雅史(まさふみ)さん。黒い歯車に操作され、皆を呑み込んで消化しようとした。それを取ってくれたお礼にサーバ大陸に送ってくれるが、この巨体でも5日はかかるという。テントモンによると獰猛というが、紳士的なやさしい水獣型成熟期。この海域の主なのだろう、デビモンが海中に何かを置いていったことを知っており案内してくれる。

●ドリモゲモン:声は金光宜明(かねみつのぶあき)さん。黒い歯車によって、DEJIという看板のコンビニ(DIGIじゃないんだ;)でタグを守っていたもともとは大人しい獣型成熟期。ファイル島から離れた場所にいたのは、やはりデビモンがファイル島以上の支配をもくろんでいた証拠だ。ドリルつながりでイッカクモンと対戦、カブテリモンも加わり黒い歯車が壊れると這う這うの体で逃げ出すいかにも小物。

●次回予告:希望を胸にたどり着いた大陸。中ボスは何やら愉快そうなお猿!


          もどる