デジモンアドベンチャー第16話

第16話「暗黒進化!スカルグレイモン」

脚本:まさきひろ 演出:川田武範 作監:出口としお

エテモンの前になすすべもない子供たち。進化の鍵となる紋章を手に入れた太一だが・・

大砂漠を歩き、エテモンの圧倒的な強さに気落ちする子供たち。紋章を手に入れた太一だけが、自信と責任感と優越感から張り切って空回りし始める。アグモンさえ、困惑気味。これまでの経験で分かっているのは、進化には大量のエネルギーが必要なことと、パートナーが危険になった時。太一はみんなから食べ物を徴収しアグモンに無理やり食べさせる。太一はサッカー部でも、1人で突っ走るようで結構周りを冷静に見ていたのに、紋章を手に入れて人が変わっちゃったみたいと空は心配する。そうそう、太一って行動派だけど周りをよく見てるんだ、いつもは。

そこで、丈のタグが反応する。砂漠の中にコロッセオがある、そこだ。丈がケーブルに引っ掛かり、エテモンに居場所がばれてしまう。Lセブンエリア、コロッセオでエテモンが毎年コンサートを開いている場所だ。丈がみんなは休んでてと太一と紋章を探す間、空たちは気分転換にサッカーを始めるが、そんな状況じゃないだろうと太一の怒りをかってしまう。いつもの太一なら、真っ先にサッカーやりそうなのに。

子供たちを見つけたエテモンが、オーロラヴィジョンでご登場。アグモン以外子供たちはサッカーゴールに囚われてしまう。スペシャルゲストは敵グレイモン。強い。アグモンはグレイモンに進化するが苦戦、力は互角のはずなのに、食べ過ぎで体が重いのだ。太一は進化しろの一点張り、紋章に反応はない。

丈のタグが反応し紋章を入手。そこから出口も見つかった。勝てずに進化を焦る太一は、「進化させてみせる」と自分を危険にして強引に進化させようとする。太一を助けようと、バードラモン、ガルルモンに進化する。ところが、太一の危機に暗黒の赤い光に導かれ出現したのは、おぞましい姿の完全体・スカルグレイモンだった。スカルグレイモンは敵グレイモンをオーロラビジョンに投げつけ、グラウンド・ゼロで丸ごと破壊する。太一を逃がすが、スカルグレイモンにバードラモン、ガルルモンは歯が立たずカブテリモンもお手上げで、コロッセオも破壊し走り去る。恐ろしいデジモン。

暴走の末退化したコロモンとみんなに、太一は謝る、紋章を手に入れてから、自分一人戦ってる気になってたと。コロモンを、みんなは責めなかった。正しい進化とは?できるのだろうか?太一だってほんとはみんなを守ろうと一生懸命だったんだもん、きっとできるよ。

          戻る