デジモンテイマーズ第15話

「巨大ヘビ出現!大江戸線大パニック」

脚本:前川淳 演出:角銅博之 作監:出口としお

絆を深める、テイマーとパートナーたち。

リアルワールドに現われたデジモンを倒すのが、パートナーを持つテイマーの使命。児童公園でタカトは「僕たちはチームだ」と言いデジモンテイマーズという手作りの旗を出すが、テリアモンやルキには不評だ。それを見てクルモンは笑う。

時刻は0時44分、電車の終わった新宿西口。駅員(小栗雄介さん)が酔っぱらいの世話をしていると、トンネルに赤い目のヘビが出る。

朝、ジェンはタカトに電話で起こされ、テイマーズでパトロールしようとタカトは張り切るが、ジェンには先約がある。時刻は9時、ルキにも、祖母と出掛けると断られるが、ヒロカズたちクラスメートがやってくる。ギルモンハウスでギルモンを見せると、和気あいあい。ヒロカズは2組の秘密だとみんなに言う。

矢来能楽堂ルキは祖母と能を鑑賞中。舞台に狐の面をかぶる演者がおり、ルキはレナモンとアイスデビモン、ハーピモン、都庁の戦いを思い出す。

ジェンは趙(ちょう)先生の稽古にテリアモンを連れていく。

健太がスーパーのワゴンを見つけてきて、ギルモンを乗せて遊ぶと、インプモンが現われケチをつけてくる。子供たちはお構いなしに遊び、インプモンはレナモンにうらやましいのかと言われ腹を立てる。

都営大江戸線牛込柳町駅(昔この辺に住んでました)、祖母は帰ると電話するが、ルキのデジヴァイスにデジモンの反応が。近くにいたのはクルモンだ。しかし1体ではない。ホームにデジタルフィールドが発生し、ルキはレナモンを呼ぶ。祖母は駅員に連れていかれる。大きなヘビのようなデジモンは、またもデータが出ない。やっと出た、完全体・サンティラモン(世田壱恵さん)。「超進化プラグインS」をスラッシュし、レナモンがキュウビモンに進化しサンティラモンを追う。

同じ頃、ジェンも大江戸線に乗り、都営大江戸線若松河田駅で降りると、サンティラモンが向ってくる。電車内に残った子供(母親:塩味薫さん)を助けるため、ジェンは「ブレイブシールド」をスラッシュし、テリアモンが楯で防御する。子供は助けられ、電車はサンティラモンに消される。ルキが到着し、ジェンに携帯電話を投げタカトへの連絡を頼む。ルキは「高速プラグインH」をスラッシュし、スピードを上げる。

タカトの母が電話に出て不在を告げる。肝心な時に遊びまわっているなんて。

都庁駅前出口から、乗客が慌てて出てくる。サンティラモンは新宿まで来たのだ。キュウビモンの技は効かずサンティラモンに捕まえられると、ガルゴモンが加勢する。

遊んでいるギルモンはデジモンの匂いを嗅ぎ、インプモンが地下で戦いをしているとつい親切に知らせに来る。みんなは見に行こうとはしゃぐが、タカトは遊びじゃないと止める。タカトは「鋼のドリル」をスラッシュし、ギルモンが土を掘る。ヒロカズはタカトに「パワーチャージャー」を託し、見送る。クルモンはサンティラモンの事をなんか怖いと言い、キュウビモンもガルゴモンも嫌な感じがすると言う。そこへ、天井を突き破ったタカトとギルモンが来る。タカトは「超進化プラグインS」をスラッシュし、グラウモンに「パワーチャージャー」を使い、総攻撃で倒す。サンティラモンは「我々は神に仕え神に遣わされた、我々が滅ぶともデーヴァが」と言い残し消える。

クラスメートはガルゴモン、キュウビモン、グラウモンを見て驚く。ルキの携帯に祖母が連絡し、心配ないとルキは答える。パトカーの音がする、デジモンを隠さないと。

デ-ヴァとは何だ?

          もどる