デジモンテイマーズ第22話

「ヴィガラーラモン登場 僕たちの街を守れ!」

脚本:吉村元希 演出:梅澤淳稔 作監:出口としお

デーヴァはジュリにまで襲いかかり、レオモンが守ってくれたが、パートナーではなかったと落胆するジュリ。

帰宅したタカトは、勉強しろと母に注意されながら出かける。今しかできない事をする、と気持ちは固まっている。白虎あおい鮨の看板がある商店街、また地震のような揺れがある。震度4とニュース(アナウンサー:小島一成さん)は報道、新宿に限定していると聞きジェンは不審に思い、シウチョンからテリアモンを奪って出かける。通りがかったジェンは写真店で何か見つける。稽古帰りのルキは、母の誘いを断り、ジェンとタカトのところへ向かう。ジェンとルキの走る下の下水道に、インプモンはいる。

ギルモンハウスで、ヒロカズとケンタはパートナーがいるタカトを羨む。そこへジュリが決意の表情でカードゲームを教えてくれと迫ると、ルキが教えてくれる。さっきジェンが気になったのは、年賀状の干支、デーヴァは皆その姿をしていた。とすれば、残るはうさぎ・辰・猿・犬・猪、あと5体もいるのか。夕暮れてもう帰ろうとすると1人多い、猿のような少年だ。「も」と叫び逃げていくのを、ジュリが追いかける。

ヒュプノス、ワイルドワン検知、西新宿近辺、山木はさっきの地震と関係あるのではと思う。デ-タが大きすぎて測定不能だ。新宿が壊滅してしまう!

どこまでも逃げる猿のような少年、どうやら狙いはクルモンとタカトは思う。また地震か?すると少年は消える。

山木が急かすが、独自の進化をしたデジモンのコアプログラムの解析は時間がかかるとジャンユーは何度も説明している。

地震はデーヴァと関係あるのではとジェンは推測し、ギルモンたちがデジモンの気配を感じる。デジタルフィールドが発生したのは新宿戸山公園だ。ヒュプノス、巨大なワイルドワンがリアライズ、山木はシャッガイの本当の力を見せてやると笑い、起動を命じる。監査委員(佐藤晴男さん)の言うことなど、知った事か。デジタルフィールドに、巨大な山のようなイノシシのデジモンが現われる。インプモンはシャッガイの気配に「オレの行く場所はそこしかないのか」としんみりする。ヴィカラーラモン(木村雅史さん)・完全体。空にはシャッガイホールが見える。

ヴィカラーラモンは街を破壊し、人々は逃げ惑う。タカトはヒロカズとケンタにジュリを任せ、「超進化プラグインS」でギルモンたちは進化する。ヴィカラーラモンの破壊はすさまじく、自衛隊のヘリも出動する。

山木のシャッガイに、ジャンユーは子供たちのデジモンまで、と抵抗するが、他に手段はないと山木は譲らない。グラウモンたちの技は全く効かず、家族の心配をする子供たち。家族を、街を守りたいと祈った3人のカードはブルーカードに変わり、ガルゴモンたちが超進化した。シャッガイは、ついに起動する。

          もどる