デジモンテイマーズ第36話

「決戦!デュークモン対ベルゼブモン」

脚本:前川淳 演出:今村隆寛 作監:浅沼昭弘

怒りで進化したメギドラモン、でもタカトとギルモンが僕らは友だち、一緒に戦うと誓った時、2人の心と体は一つになり真の究極体・デュークモンとしてベルゼブモンの前に立ち現れた。

剣と盾を持つ騎士のような美しい姿のデュークモン、しかしタカトの姿はない。デュークモンは「悪魔に魂を売り自ら悪魔となった者を許さない」とベルゼブモンに宣告する。存在を否定されたベルゼブモン(なんかブラックウォーグレイモンを思い出し胸が痛む)も黙っているはずはない。空から落ちてきたベビーモスを乗りまわし、銃を乱発する。ベビーモスの速さに、デュークモンは苦戦する。ジュリは映らなくなったアークを手にしたまま、みんなのところへ来ようとしない。地面が崩れ、ジェンとシウチョンは離れてしまう。

スーツェーモンはチャツラモンに、ベルゼブモンが戦っている間に、裏切者に罰を与えよと命じる。アンティラモンのことだ。チャツラモンはシウチョンとロップモンの前に現れ、シウチョンもろともロップモンを攻撃し、テリアモンがかばいレナモンが二人を逃がす。デュークモンがロイヤルセーバーでチャツラモンを一撃するが、ベルゼブモンが横からデータをロードしてしまう。

シウチョンの危機に、ジェンはついロップモンを手放せと怒りシウチョンを泣かせてしまう。チャツラモンの技に飛ばされたテリアモンは無事レナモンに救出される。ヒロカズとケンタは、タカトが地割れに落ちたのではと心配する。そこにベルゼブモンが攻撃してくる。レオモンの死に傷ついたのはジュリだけではない。ヒロカズも、戦わせてガードロモンを失うなんて嫌だと思う。ベルゼブモンからデュークモンにかばわれたケンタは、なぜかタカトの鼓動を感じ、みんなに伝える。

デュークモンにとどめをさそうとしたベルゼブモンに、ヒロカズはガードロモンで攻撃する。確かにタカトがギルモンと一体となって戦っているのを、皆感じる。ベルゼブモンが弾切れし、デュークモンがファイナル・エリシオンを放ち、ベルゼブモンは負ける。しかし、ジュリがとどめの一撃をやめさせた。もうこれ以上誰かがいなくなるのはいや。あなたを倒してもレオモンが戻るわけじゃないとジュリは泣き、デュークモンはタカトとギルモンの姿に戻る。

人間のわがままに苦しめられたインプモン。オレは人間なしで進化し強くなってやる。レオモンもロードした。なのになぜオレをかばう。戸惑いながらベルゼブモンは去っていく。

一緒に戦えたんだ。タカトのもとに新しいアークが現われる。

サイバードラモンは、初めて来た世界で、かつてない強大な敵を感じ、リョウと進んでいく。

          もどる