デジモンテイマーズ第50話

「真紅の騎士デュークモン 愛するものたちを救え!」

脚本:小中千昭 演出:角銅博之 作監:浅沼昭弘

ジュリの心からの叫びがタカトに届いた。ジェンは水野にレッドカードをもらう。ワイルド・バンチは「蟻地獄作戦」の準備ができた。さあ、最終決戦だ。タカトとギルモンは逗子の浜辺でデュークモンに進化し、グラニに乗り旅立っていく。少し気弱でやさしいタカトの勇姿を、両親とカイは見送る。横浜の夜空、サクヤモンに進化したルキとレナモンの体は温かい。

ジュリが何とかクルモンを助けようとすると、ポシェットからアークが落ちる。

核が見え、サクヤモンも到着する。ジェンとテリアモンもいる。デ・リーパ―の中でも戦えるようにと、水野がくれたレッドカード。リョウも現われ、4人で同時にスラッシュし、核へ向かう。子供たちに託すしかない。ワイルド・バンチも、蟻地獄作戦開始だ。

デ・リーパ―ゾーン突入、もはや都市の面影もない。マザー デ・リーパ―に近づくと、バブルス、オプティマイザー、クリ―プハンズが襲ってくる。サクヤモンの攻撃が効いてケーブルから解かれたジュリは、クルモンを助ける、もう誰かを失うのはいやだ、これが運命なら、とジュリはアークを手にする。

グラニが墜落するが、後で必ずと約束しデュークモンたちは進む。板橋2丁目、デ・リーパ―はここにも来ている。パラティスヘッドはパトカーを破壊するが、ガードロモンに倒される。ケンタは、いつの間にかマリンエンジェモンと意思疎通ができている。ケンタはなかなかのテイマーかも。タカトたちだけがテイマーじゃない。けれど二人は警察?に手配されていた。

インプモンは、避難するアイとマコに引き取られていた。インプモン頑張ったと認めてくれた二人のもとに、紫のアークが現われ、デジ・ノームが飛び去っていく。シウチョンに次いで、幼いテイマーの誕生だ。

ジュリは強い意志でクルモンとここを出ようと、マザー デ・リ-パーに呼びかける。運命を決めつけていたけど、明日を一生懸命生きていける、人間だって進化できると。運命は変えられる、そうでしょレオモン、アークに呼びかけるとレオモンがうなずく。消えていいものなんてない、叫んだジュリを再び赤いケーブルが縛る。マザー デ・リーパ―に突っ込むタカトとルキ、がジェンは異様な穴が開くのを見つける。

その穴はデ・リーパ―がリアルワールドとデジタルワールドを地続きにし消去するためのもの。トランスポティックなんとかこそ、デ・リーパ―を退化させる切り札だとバベルは言う。山木もシャッガイ起動を命じる。しかし、穴から何者かが急速上昇、それはリーパーだった。デュークモンが臆さずファイナル・エリシオンを放つが、リーパーは鎌でデュークモンのマントを破る。しかしタカトの呼びかけはジュリに届いた。究極体で総攻撃。タカトは他を任せてジュリの救出へ。しかし、マントを失って飛べない。「飛びたいか」との声は、意志を持つデジモン・グラニだった。グラニはすべてをデュークモンに託し、白い8枚の翼を持つデュークモンクリムゾンモードが現われる。ジュリのケーブルが、解かれる。

          もどる