re-fly

和田さんがご病気を再発されて再復帰後初の作品「re-fly」。公式サイト「光司広場Ⅲ」で和田さんは
「 もちろん、病気は歓迎される事ではないけれど、それがあったからこそ今のちょっと成長した自分がある。確実にそう思える出来事と時間でした。そして、その一つの証でもある今回のミニアルバム「re-fly」」
と述べている。

CDのキャッチコピーは「再び翔び立つ和田光司の今が詰まったミニアルバム」。私も病気で数か月入院しており、和田さんの復帰はわが事のようにうれしい。

全体的な印象:春にふさわしく、ジャケットの白い羽のように軽やかで明るく元気や勇気をもらえる曲ばかりでした。バラードは全くありませんでした。

CDジャケット:表は白いシャツにジャケットもパンツも帽子も白の和田さんが緑の中に立ち手を差し伸べて、白い羽が舞っているもの。軽やかでさわやかで淡い感じ。裏ジャケットは、青空の草原の踏切に和田さんの帽子が飛ばされているもの。デジモン無印最終回のミミちゃんの帽子へのオマージュに間違いありません。

私は和田さんが「Butter-Fly」というヒット曲に恵まれたことが和田さんという一人の歌手の歌手人生にとっていい事とは限らないと案じていました。「和田=デジモン」というイメージから抜けられず苦しむこともあるかも知れないと思ったからです。例えば、水樹奈々さんのようにアニメ出身だけど何でも歌える一人の歌手として認められづらくなるのではと。でも、和田さんは答えを出したんですね。「Butter-Fly」がありデジモンがあって今があるのだと。だからre-fly。その想い、受け止めました。

01.ヒラリ ~re-fly ver.~ 作詞:和田光司 作曲:IKUO

「デジモンセイバーズ」の後期オープニングは力強くハードな感じで主題歌にふさわしかったのですが、編曲で繰り返しになりますがテンポよく軽やかな感じに仕上がっています。まさにヒラリと舞い上がりそうな。色に例えれば、前者は熱血の赤と強さの黒、後者はキラキラ光る虹色みたいな。

02.風 ~re-fly ver.~ 作詞:和田光司 作曲:大久保薫

「デジモンテイマーズ」の挿入歌で、和田さんのファーストアルバム「all of my mind」の中の1曲です。思わず口ずさんでしまう大好きな曲。これも、編曲でより明るくサクサク軽快な感じになっています。欲を言えば、このアルバムの「Seven」も大好きなので、別ヴァージョンが聴きたかったな。 

03.bravery 作詞・作曲:和田光司

元気と勇気の出る明るく力強い歌で、歌詞にはlove songとありますがもう少し普遍的な愛と情熱を歌った歌のような気がします。「超えてゆけ」で、頑張ろうって思える。

04.希望ノカケラ 作詞・作曲:和田光司

「焼け焦げた大地」「火薬が舞う」「光る地球(ほし)にしよう」などと、明らかに平和・反戦を人類に訴えるメッセージ性の一番強い歌詞です。でも嫌な感じはありません。

05.Butter-Fly 作詞・作曲:千綿偉功

解説不要ですね。聴きなれたあの歌です。

06.re-fly 作詞・作曲:和田光司

「ゴミ箱を飛び越えた先の未来なら今この手にある」和田さんは、未来を手に入れたんですね。本当にうれしい(*;_;*)

もちろん、デジモンフロンティアのオープニング「FIRE!!」の歌詞「ゴミ箱を飛び越えた先にある未来」(作詞家の山田ひろしさんが、和田さんのデモテープがゴミ箱に捨てられていたのが拾われてデビューが決まったエピソードを歌詞に取り入れたのはご存知ですよね?)へのアンサーソングと受け取ってよいでしょう。

そして、「New World」というのも、一般的な意味の他にデジモンシリーズで扱ってきた子供たちの行くデジタルワールドの事であったり、デジモンファンにとってのまだまだ楽しみ甲斐のあるデジモン作品の世界のことを指しているのだといいなあと、デジモンファンとしては思います。

そして何より、和田さんが復帰の喜びと未来への期待をみなぎらせた生命力あふれる歌で、アルバムの中で一番好きです。

ちなみに、この歌のバックグラウンドヴォーカルに、アニソンの大御所・影山ヒロノブさん、遠藤正明さん、きただにひろしさんが参加されています。

発売元:ランティス 販売元:バンダイビジュアル

          もどる