デジモンアドベンチャー第5話

第5話「電光!カブテリモン」
脚本:まさきひろ 演出:芝田浩樹 作監:直井正博

パートナーとの絆が進化に関係していると推測する子供たち。一方黒い歯車の凶行は、まだ始まったばかりだった。

暑い大平原の向こうに、3本の黒煙が見える。光子郎のパソコンは、バッテリーがないのに起動し始める。機械を叩いて直そうとする太一の癖はこの頃すでに。黒煙の正体は、巨大な工場だった。人間を探しに、丈・太一・空は工場を回り、アンドロモン(梁田清之さん)を救出。アンドロモンも、知的で紳士的で私の好きなデジモンだ。しかし、太一が叩いたせいでアンドロモンには黒い歯車が入ってしまっていた。アンドロモンに襲われ、逃げる太一たち。

光子郎たちは、電源の巨大電池とモーターを発見。光子郎はまた好奇心がうずき、この部屋の分析を始める。電池の中には、デジモン文字(英語、漢字、ハングル文字。漢字は臨、兵、闘、者、皆、陣、烈、在、前、等。➡ウィキペディアから引用すると「『九字護身法』(くじごしんぼう)は、日本密教の依経の一つ『大日経』の実践法である『胎蔵界法』における「成身辟除結界護身法」が誤った形で民間に流布し、もとは印契の符牒(隠語)であった文字が、道教を源とする「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」の9文字から成る呪文「九字」に変化し、それに陰陽道の事相である『六甲霊壇法』が組み合わされて、今日に知られるような「四縦五横」の九字切り等の所作を成立させて、発展したとされる日本の民間呪術である。」)

でプログラムが書かれ、それで発電していることがわかる。テントモンはデジモン文字を知らないと言ってるけど、そうかなあ?知識の紋章なのに。古代文字だから知らないのか、光子郎と出会ってからいろいろ調べるようになったのか。テントモンの「自分が何者かなんて興味おまへん」という何気ない言葉が、光子郎のトラウマに触れる、両親(菊池正美さん、水谷優子さん)のあの会話・・・。すると突然パソコンの画面が勝手に動き出し、ファイル島の形が出てくる。そしてテントモンの体が熱くなり、デジヴァイスが点滅を始める。仕方なくパソコンの電源を落とすと、治まった。それは、進化の前兆だったのだろう。

ヤマトは、この工場が作っては分解しを永遠に繰り返す工場だと気付く。そこへ光子郎が「この世界では、データやプログラムといった情報自体が現実化している」と報告に来る。さらにアンドロモンに追われる太一たちに合流。アンドロモンは完全体、グレイモンとガルルモンがかかっても苦戦する。パワーの違いを見せつけられる子供たち。

そこで、光子郎とテントモンが決意しパソコンの電源を入れると、テントモンがカブテリモンに進化、子供たちの歓声を浴びる。カブテリモンが、アンドロモンのそこだけ筋肉でできていて歯車の入った右下腿を攻撃、邪心が落ちる。光子郎のピンチでなく、能動的に進化に挑んだのは他のパートナーと違っていた。もし何かが起こってもという信頼関係があったからこそ、テントモンは進化に身をゆだねたのだろう。

アンドロモンは地下水道を行く事を案内し、一行は出発する。光子郎はタケルに言われてパタモンの進化を試みるが、しばらくするとパソコンの電源は切れてしまうのだった。この世界の謎を解くのは、まだ先のことになる。

          もどる