デジモンアドベンチャー第7話

第7話「咆哮!イッカクモン」

脚本:大和屋暁 演出:小坂春女 作画監督:信実節子

丈とゴマモンをフィーチャーの回。タケルとパタモンを残し、一通りの進化が終わった回である。タイトルコールはゴマモン(イッカクモン?)。
卵に何をかけるかというエピソードが可笑しくて心に残る 目玉焼きに玉子焼きにゆで卵がたくさん。うまそう!確かに白めし欲しいね。ちなみに卵は日本がまだ貧しかった頃には「完全食品」つまり、牛乳や卵はそれだけで栄養的に網羅できる食品とされ珍重されていたが、現在の栄養学では黄身の脂肪分が高いため週1~2個の摂取が限度とされている。こんなに卵ばかり食べて大丈夫かな;太一はしょうゆ、ヤマトはマヨネーズ、空はソース、光子郎はポン酢を少々、ミミは砂糖・さらに納豆乗せだという。丈はスタンダードな塩とコショウ「ショックだ、日本文化の崩壊だ」との迷言でまた場を盛り下げてしまう。ちなみに私は、半熟の卵の黄身をケチャップと混ぜ白身に塗りたくるのが好き。ごめんね丈先輩。卵ってなんでも合うし。
洞窟の空は、朝目覚めて地面に丈の書置きを発見する。

 すぐもどる
この場を動かず 
 まっててくれ
   丈

受験生ながら「戻る」と「待って」を漢字で書かなかったのは、下級生への配慮だろうか。(小説では書置きが紙に書いてあることになっている。)
3人が頂上へ着くと、ファイル島が絶海の孤島と知らされる。
丈先輩の活躍、この回で私の丈先輩好きが確定したと思う。単なるギャグキャラでなく群像劇の一人として丈を描こうとしたこの骨太な作品に惚れ込んでいく回だった。ああ私に似た丈のようなキャラでも活躍していいんだ、と心強かった。角銅氏はどのキャラも同じように活躍させたいと気を配ったという。とは言え丈の活躍は、小説でも多くのページが割かれ、丈ファン同人の間でもっぱらの評判だったことを付記する。

●丈:最年長として責任感が強いが、弱気で融通が利かなく優柔不断なため皆の信頼を今一つ得られずドジって空回ることが多い。けれど真面目で慎重で、いつも皆のことを心配している。
雪に皆が盛り上がっている時一人寝床や食料の心配をするが杞憂に終わる。卵を見つけた時も食べられるのか、泥棒じゃないかと心配する。食事中に「うちに帰ればこんな苦労しなくていいんだなと思ってさ」と口を滑らせ場が暗くなってしまう。卵に何をかけるかで皆の意見に驚き迷言をのたまい興奮する始末「僕は落ち着いてるよ!いつだってね!!」。極めつけは、ムゲンマウンテンに登るか否かでケンカする太一とヤマトに仲裁に入ったものの自分が逆上し「聞けよ!俺の話も!」といつもは「僕」なのに俺発言まで出てしまう。私は第6話で書いたように勉学に関しては光子郎寄りだが、性格は生真面目で慎重で融通が利かない丈とそっくりなので、この丈の落ち込みようは泣けるほどよくわかる。まるで自分の事のように悔しく悲しく情けないし孤立も感じる。
みんなをまとめられず責任を感じる丈。そして眠れずに、一人洞窟を後にしムゲンマウンテンへ向かう。僕こそが皆を守るんだという一心でユニモンの黒い歯車を取ろうと大胆にも崖からダイブ!振り落とされての大ピンチにゴマモンがイッカクモンへ進化する。

●ゴマモン:お茶目で生意気、アバウトでお気楽なデジモン。丈とは凸凹コンビでからかっているようで丈の良さを一番よく分かっている。ムゲンマウンテンに向かう2人のやりとりは実に心温まる。「それ手だったの?」は最終話につながる名言。進化したのは自分が頑張ったせいと強弁するも、丈に素直に礼を言われ照れ隠しするゴマモン、とてもキュート。

●空:丈が場を盛り下げた時、気を利かせて別の話題を振ったり、太一とヤマトの対立に丈が逆上してしまった時も声をかけ場を収めるなど、お姉さん的に活躍。丈のことを彼女だけ「先輩」付きで呼ぶ事から、丈の上級生としての立場を擁護しているように見える。

●太一:とにかく前進がポリシー。仲間を思う気持ちは同じだが、冷静なヤマトと何かと対立してしまう。空とともにバードラモンに乗って丈とゴマモンを助けに来るがユニモンに苦戦。

●ユニモン:ユニコーンとペガサスが合体した、本来は賢くおとなしい神獣型デジモン成熟期。目が赤くなるのはなぜか一瞬だけ。EDにクレジットは無く、声優さんを検索すると「藤本教子・のりこ」さんと出るが、少しの鳴き声だけでセリフは無いので、他の回での出演だろうか。

 

         戻る