デジモンアドベンチャー第9話

第9話「激突!冷凍デジモン」

脚本:前川淳 演出:川田武範 作監:清山滋崇

デビモンの罠に落ち、ファイル島とともにばらばらにされる子供たち。太一は、この海の向こうに世界が広がっているとデビモンに聞かされる。デビモンは、子供たちを一人ずつ倒そうというのだ。

氷の世界に落ちた太一とアグモン。単眼鏡のムゲンマウンテンに、レオモンも他のみんなも映らない。黒い歯車の入ったユキダルモン(伊藤健太郎さん)が、たくさんの郵便ポストの前で襲いかかってくる。アグモンをボールにして、サッカーの得意な太一はユキダルモンめがけ「エースストライカーのミラクルキック」で、アグモンをユキダルモンの背中へ蹴りベビーフレイムで歯車を壊すのに成功する。ユキダルモンが言うには、子供とガブモンが向こうの島へ落ちたと。ユキダルモンが絶対零度パンチで氷の道を造ってくれ、向こうの島へ向かう。

ヤマトは、ひどい嵐の中咳をしながらタケルを探し必死だ。ノースリーブじゃ寒かろう。洞窟にもタケルはいない。ガブモンがタケルを探しに出るが、我慢できないヤマトは再び嵐の中へ行き、倒れてガブモンに助けられる。毛皮をそっとかけるガブモン。おかげでヤマトの代わりに風邪をひいてしまった。温まる二人の心。洞窟の前に、二人を狙う影が。

そこに、ユキダルモンに運ばれた太一たちが到着。再会を喜び合う。しかし、皆を助けようというヤマトと、海の向こうが気になる太一と、取っ組み合いのケンカになってしまう。崖までヤマトを追い詰めた太一。しかし、タケルを心配するヤマトの涙を理解する。崖から落ちかけ、モジャモン(家富ヨウジさん)に襲われ、落ちてしまう。しかしグッドタイミング、薬草と食料を取って戻ったユキダルモンに当たって命拾いする。良薬は口に苦し。ユキダルモンに、おなか一杯になったグレイモンとガルルモンが参戦、モジャモンは正気に戻る。

「この歯車がヤマトとタケルを離れ離れにした」と、ガルルモンが島を埋める歯車に怒りの一撃。黒い歯車が逆回転を始める。デビモンの方へ島が動いていく。「ケンカしてる場合じゃなさそうだな」目的を確かめ合う2人。タケルも多分がんばっているとの太一の言葉にやっと落ち着くヤマト。この二人、親友という設定かと思っていたけどすぐケンカになるし、離婚のことも打ち明けてなかったし、あんまり仲がいいとは言えないように思います。ユキダルモンは、声がタイショー君だし、優しくて親切な奴!

          戻る